スポンサーリンク

知るだけで勝って生き残る!?ランクマッチの立ち回りと漁夫対策 APEX LEGENDS

この記事は約6分で読めます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

今回の動画

今回は日本屈指のプロゲーマー「すでたき」さんの動画をご紹介します。

知らなきゃ負ける簡単なランクの上げ方ということで、ランクマッチの立ち回り、撃ち合い、漁夫対策、おすすめ構成の4つに分けて注意点やオススメの行動を解説しています。

筆者観点を交えながら紹介していきたいと思います。プロの視点ということで筆者のようにプラチナ4で時間がかかっている人にはいきなり全部を完璧にできるとは思えませんが、知識を入れて意識していくことで確実にランクが上がっていきそうな内容で短いですが中身の濃い動画でした。

ランクマッチでの基本的な立ち回り

アンチの下見をしよう

筆者は確実にしていませんでしたが、第2収縮以降は1分前に下見をすることを推奨しています。

ランクマッチをされている方はアンチ際で敵に待たれて、こちらは走るだけで精一杯のところを一方的に撃たれて全滅させられる苦い思いをしたことがたくさんあると思います。

かといって早く行き過ぎて待機してると敵が押し寄せてきて漁夫に漁夫を重ねられて全滅もあるので気を付けてください。

アンチに入る時はしっかりとクリアリングをしよう

アンチに入って安心せずにさらに後ろに敵が居ないか確認しましょう。リングが狭いときほど大事になってくるそうです。アンチ際で待たれていてさらに後ろから別パーティが死に物狂いで突進してくるのはかなりきついですよね。

強ポジションの敵とは戦わない

ケージの上や列車庫の上などの高所から撃ってきている敵と戦うと1ノックダウン取ってもすぐに詰められない場合があると思います。

その場合は回復と弾薬の消費が激しくなるためなるべく撃ち合わない、また確実に戦闘時間が長くなるほど漁夫が来やすくなるため、ちょっと撃ち合って長引きそうだったら「だるい」と言ってスルーするのが一番だと思います。

初動がかぶった時は戦うことを選んでいこう

初動で降下場所がかぶった場合は装備にもよりますができるだけ戦った方が物資的にかなり良いという考えでした。

全員モザンビーク1丁などでない限りは、そこで逃げた先にも別のパーティが物資を集めた後の状態で待っているため中々物資がそろわなくなります

他の動画では必要なければ残り10部隊まで戦わなくていいなどもありますが、筆者的には初動の戦闘はごり押しでいけたりするため、物資だけでなくキルポイントの観点でもお勧めしたいと思います。

筆者の経験では最初に逃げると回復も弾薬も全然なくてマッチ中ずっと逃げ回ることによくなりました。

初動以外で戦う場面の基本は漁夫で

漁夫の目安は聞こえている銃声の種類とキルログにある銃の種類を確認して、2人以上のダウンを確認してから突撃するようにしましょう。

あまり早く行くと別パーティに挟まれるのを避けるために戦いを中断して逃げてしまいます。

ランクマッチでの撃ち合い

エイム練習に重きを置いてみよう

ダイヤ4~ダイヤ3でうろうろする場合は「エイム力」を鍛える方が良さそう。

立ち回りも大事ですがダイヤ3になるとその上のマスターのランクの人も混ざるため撃ち合いのレベル自体が上がるそうです。

同じようにプラチナ3でもダイヤの人が混ざると思われるため、見つけてから撃つまでの時間を早く、撃ってる間に与えるダメージをより多くするようにエイム力を鍛えるのがおすすめとのこと。

味方の位置を把握しよう

敵に大ダメージを与えて詰めた時も実は2人いて逃げなければいけないとき、味方のところに戻るのが一番安全ですね。

味方のカバーがあればヘイトがばらけやすくなり、逃げる場所も増えるのと殲滅する可能性も上がります。そのためしっかりと味方の位置を把握して戦闘をするのが大事と思われます。

筆者も頭ではわかっているのですが、戦闘中は確認しきれずに全員で詰めてると思ったら一人で集中砲火されて箱になり味方の足を引っ張ることがあります。

同じ遮蔽物を使いすぎない

同じところにずっといると敵にエイムを置かれてしまいます。そしてその遮蔽物を中心に敵が展開をして射線を増やそうとしてきます

逆に逃げスキルのあるレイスやパスファインダーはヘイトを集めるような動きをして味方が動きやすいようにするのも大事です。

よくわからないままレイスについていくのではなく、戦う基点を移動しているのか射線を増やすために広がったのかイメージもしくはVCするのが必要ですね。

ランクマッチでの漁夫対策

現在のメタ:レヴナントの漁夫対策

デストーテムで突撃してくるのが非常に多いです。

一番簡単なのはデストーテムから離れることです。レイスのポータルで来てる場合も距離を取るのが一番有効とされています。

漁夫で突撃されているためこちらは中々不利な状況からのスタートになるため漁りも素早くして弾薬とアーマー位にとどめてとにかく移動する方が良さそうです。

屋内での漁夫対策

投げ物が有効とのこと。入口にテルミットが一つあるだけで回復する時間が取りやすくなります。

筆者はエイム力が低くて被弾率が高いためひたすら弾薬と回復でバッグが圧迫されていてしんどいのですがテルミットは持ち歩こうかなと思いました。

リロード・回復のタイミング

リロードや回復のタイミングでは他にできることがないため、周りを確認してこちらの様子を見ているパーティがいないか、味方のアーマーの様子はどうか、敵の位置は変わっていないかなど確認していくのが大事です。

戦闘をする場所にも注意しよう

他の場所からアクセスの良い場所や開けた場所で戦闘を始めると、近くにいたパーティがいろいろな方向から襲ってきて逃げ場もなくなりじり貧に近づいていきます。

アンチ際や間欠泉の奥の方などいろいろな方向から敵が来ない場所で戦えると生存率は上がりますね。

敵が来る方向がだいたい決まっている場所で戦闘すると、自分たちの戦闘場所に来る間に鉢合わせして他の戦闘が始まってくれてその間に回復と漁りをしっかりとできることも多くなると思います。

ランクマッチのおすすめ構成

こちらの動画でシーズン5の7月からの最強構成を紹介していますが、レイス・レヴナント・クリプトをおすすめしています。

この動画内で実践されているため内容は省略しますが、プロゲーマーたちのVC連携も勉強になるため一度見ると考え方がわかると思います。

3人のアルティメットをしっかりと連携して同時に使えるとかなり強いところがこの構成の一番の推しのようです。クリプトドローンの周囲部隊数チェックで漁夫対策もできるのが良いところ。

筆者は野良環境でクリプトやライフラインを使うのですが、未熟なため全然連携できず最強の力は発揮できませんでした。筆者といる野良レイスはデストーテムやクリプトのところからポータル焚いてくれないですし。詰めポータルが難しいんですよね。

7分くらいから同時アルティメットをしています。滅茶苦茶強いです。野良でやれたら感動しそうです。

タイトルとURLをコピーしました