スポンサーリンク

G7スカウトを強武器として使うたった2つのコツ APEX LEGENDS

この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク

R-99がケアパケに入って以来、ライトアモはG7スカウトとP2020用に特化しているイメージがありますが、弱体化されるまでは強武器として使えると思います。

たった2つのコツを意識するだけで、強武器として敵を倒しまくれるようになる解説を「あーさー」さんが公開してくださっていたのでご紹介しつつ一緒に考えていきたいと思います。

今回の記事では、アタッチメントの意識と敵を溶かすときの意識を解説しています。

止まった敵に当てるコツはこちらの記事を載せておきます。

スポンサーリンク

G7スカウトはアタッチメントが超重要

他の武器とG7スカウトを持っているときはG7スカウトの方を優先的に強化していった方が良いとのこと。特に拡張マガジンとバレルスタビライザーが重要です。

バレルスタビライザーレベル2、拡張マガジンレベル1、3倍スコープで実践を意識して解説をしてくれます。

拡張マガジンの重要度

拡張マガジンによる装弾数の変化は、なし:10発、レベル1:15発、レベル2:18発、レベル3:20発という形です。

1発のダメージが大きいので5発増えると170前後ダメージが増えるため、白のマガジンだけでもかなり強化されます。

白マガジン1つだけの場合は確実にG7につけるのが正解といえるでしょう。さらにレベル3の拡張マガジンで+170ダメージと考えるとかなり強い武器になってきます。

弾数を増やすだけで、相手を弱らせるのではなく倒すために使えるようになります。

中距離で撃ち合いでもリロードの時間を短縮できるため、ダメージを出しやすくなりますね。

バレルスタビライザーの重要度

反動を少なくして敵に当てやすくするバレルですが、単発武器よりも連射武器の方が反動制御に効果が高いため他の武器につけたくなるところです。

しかし、G7スカウトに装着すると反動が減るため移動している敵でもボタン連打で当てやすくなります。

敵が詰めてくると他の連射武器やショットガンを使うため、G7スカウトにアタッチメントを付ける優先度は下げたくなると思いますが、逆に敵が詰められない状況や詰めた時にはかなり弱っている状況を作るためにもアタッチメントの優先順位を上げるのがおすすめです。

狙いすぎずにたくさん撃つ

G7スカウトが苦手な人、じっくり狙いすぎて撃っていませんか

クレーバーやロングボウほどではないにしろ、きっちりと狙いすぎて撃っているとダメージが思ったよりも稼げずに、敵をノックダウンしきれない状況が出てきませんか。

敵が移動するところをイメージして置いていくように撃っていくと意外と当たるようになります。最初のエイムを丁寧にした後はリズミカルに連射した方が当たる気がします

射撃訓練場で横に長いジップラインの上を順に当てていく練習をすると感覚が掴みやすいかもしれませんね。

大きく動いていない敵でも、身体に当たりそうな感じがあればすぐに撃つ感覚が良いかもしれません。偏差撃ちの分は慣れとしても動画では移動しているレイスをほぼ全弾当ててすぐに溶かしています。気持ち良いです。

肩の力を抜いてざっくりで連射しまくれるように横に移動する敵を追えるような追いエイムの練習が必要そうですね。

最後に

動画主の動画は本当にさっぱりとしていて、無駄がないので頭にすごく入りやすいです。解説のあとは実戦で使っている場面も見れますが本当にすごい破壊力です。

3倍スコープのG7スカウトが強く使えすぎて気持ちが良いですね。

2倍だと、R-301のアイアンサイトみたいに微妙にどこにだまが出るのか不明で慣れが必要かもですね。

タイトルとURLをコピーしました